進化していく勤怠管理について

大きな企業になればなるほど、勤怠管理は各部署単位から始まると思われます。所属する課や部署ごとに、誰がどのように勤務するかを決めて、それをエクセルなどで表にしたのち、会社の人員を統括する人事部に対して専用の用紙に記入して提出する、というのが一般的な勤怠管理の方法なのではないでしょうか。人事部では提出された用紙をまとめて統括して、それを給料に反映する作業を行います。正社員であれば、残業をした場合の時間分だけ残業代を支払う必要がでてきますし、パート社員やアルバイトなら、働いた1分1秒が給料になるわけですから、かなり神経を遣う大事な仕事になると言えるでしょう。近頃はタイムカードの打刻時間が、そのまま給料計算に反映できるようになっているシステムやソフトもできていますから、導入を始めているところも多いのではないでしょうか。

誰でもできる勤怠管理システムについて

人数がそれほど多くない職場なら、それこそ手書きで、誰がいつ、どの日のどの時間帯に入るか、ということを書いた勤務シフト表を作成することは、それほどむずかしくないでしょう。むしろ、パソコンを使って表計算ソフトなどを立ち上げている間に、ささっと作ってしまうことができるのではないでしょうか。けれども、それでは時間がかかってしまってとても効率が良いとは言えない、という大人数の職場もあります。そうしたところでの勤怠管理は、専用のソフトやシステムを早めに導入してしまうことが、その後の仕事の効率がぐんとアップさせるでしょう。勤怠管理にかかっていた時間を大幅に短縮できたら、その分だけ他の仕事にかかれます。また、ソフトやシステムがあることによって、誰でもやり方さえわかれば勤怠管理の仕事ができるのも、大きなメリットです。

勤怠管理をコンピューターでする

勤怠管理とは、会社などで、社員の出社、退社、休みなどをチェックし、勤務状況を確認、管理することです。残業代などもこのデータから算出されます。ですから、正確にチェックする必要があります。勤怠管理で多く用いられるのは、タイムレコーダーです。タイムレコーダーに専用の用紙を差し込み、出社と退社の時刻を印字します。その用紙から、毎月勤務時間などを計算し、給料を支払います。最近では、用紙ではなく、コンピューターに直接データが入力されるシステムなども多く利用されています。ICカードや磁気カードなどをタイムレコーダーにかざすと、その時刻がコンピューターに記憶される仕組みになっています。このシステムのメリットは、連動しているソフトを利用すると、毎月の勤務時間の計算を自動にできるという点です。計算間違いも減り、作業時間も従来に比べて短縮することが可能です。